一人立

勝川春好

寛保三年(1743)〜文化九年(1812)

春章の門人中のピカ一で、師の画風を最もよくついだ。大首役者絵を最も得意とし、相撲絵も傑作を多く残した。天明末頃、中風にかかり右手が不自由となり、左手で描いた。