一人立

落合芳幾

天保四年(1833)〜明治三十七年(1904)

国芳の門人で一恵斎と号し、安政の頃より役者絵、美人画、武者絵、横浜絵などを描いた。明治七年か翌年にかけて東京日日新聞の挿絵を描き、同八年東京絵入新聞を創刊して挿絵を描くなど、新聞の挿絵の創始者である。