一人立

春川英笑

生没年不明

はじめは春川五七の門に入り英笑と号し、のち渓斎英泉の弟子となり英蝶と改めた。文政から天保にかけて美人画を多く描いた。