一人立

歌川国安(初代)

寛政六年(1794)〜天保三年(1832)

初代豊国の門人で、役者絵、美人画、浮絵、団扇絵、大首絵など多彩な方面に優れた腕を発揮していたが、惜しくも39歳で没した。相撲絵にも独特の味がある。