一人立

歌川芳虎

生没年不明

国芳の門人で、一猛斎、錦朝楼などと号した。天保から明治二十年頃にかけて、武者絵、役者大首絵に優れ、ほかに美人画、開化絵なども描いた。相撲絵は国芳の門人中では一番多い。