一人立

勝川春章

享保十一年(1726)〜寛政四年(1792)

宮川春水の門人であるが、旧来の鳥居派の、おもちゃ絵的な画風を排し、役者似顔絵を創始して一家をなした。役者の容貌や身のこなしを写実的に描くことにより、ありのままの生きた姿を表現した。相撲絵も同様に力士のありのままを表現したので、写真のなかった当時の力士の顔を今日見ることのできる功績は、偉大なものがある。