一人立

勝川春英

宝暦十二年(1762)〜文政二年(1819)

春章の門人で春好と並び師の画風をつぎ、役者絵と相撲絵を多く描いた。派手な画風で似顔の表現や個性の描写に師の画風を発展させ、土俵入りの図に工夫を加え、幕内全力士を紹介する構図にした最初の絵師である。寛政文化期の相撲絵をたくさん残してくれた相撲錦絵史上の、第一の功績者である。