一人立

天津風雲右衛門 (前頭)

錦朝楼芳虎

天津風雲右衛門

茨城県出身。天保13年(1842)まだ三段目の時盛岡藩のお抱えとなり、殿様のご威光で出世は早く、弘化3年(1846)入幕したが、東北の飢饉で藩財政窮乏して、お抱え力士全員がお暇を賜わった。八百長を断わって毒を盛られ、身体をこわし再起できなかった。

戻る