巨人・怪童

牛跨ぎの図

春川英笑

牛跨ぎの図

文政10年(1827)熊本県の田所村生まれの巨人が江戸にやって来た。二十三歳で身長二メートル四十七、体重百四十六キロ、手の平四十センチ、足の裏四十五センチ、牛をまたぐ程の大男で「牛跨」と驚嘆された番付にものらず、相撲を取った記録はない。

戻る