横綱

谷風梶之助 (公称四代目横綱)

春好

谷風梶之助

宮城県出身 仙台藩抱え
「わしが国さで見せたいものは、昔や谷風今伊達模様」と謡われた程、郷土の誇りとされた名力士。小野川と共に寛政の相撲黄金時代を築いた。
 寛政7年(1795)流行のかぜがもとで現役中死去

戻る